ラッパ班長日記 班長の、班長による、班長のための日記です。

ラッパ班長日記 TOP  >  剣道

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

九州高等学校選抜剣道大会

九州選抜
2月13日~14日の九州高等学校選抜剣道大会に応援に行ってきました。
息子は残念ながら出場していませんが、同じ剣道部の同級生が個人戦に出場するので部員と保護者で応援です。
息子は「来年は団体戦で出場する」と力強く宣言してくれました。
来年は沖縄県で開催されるということなので、今から旅費を貯めとかなくては・・・。
スポンサーサイト

2015年 高校剣道玉竜旗大会男子

7月27日開幕の2015年高校剣道玉竜旗大会の男子団体を見てきました。
チケット
うちの息子はまだ高校1年生なので、3年生中心のチームには入っていませんが、選手以外の生徒、保護者と一緒に応援に行ってきました。
場所は福岡市の「マリンメッセ福岡」、高速バスと路線バスを乗り継ぎ、7時40分に会場入り。
2015玉竜旗
8時から開会式があり福岡市消防局の音楽隊の演奏等がありいつも見ている大会とはずいぶん雰囲気が違います。
それもそのはず、参加校は男子だけで全国から555校が参加しているとの事。
で、開会式の様子がこちら
2015玉竜旗開会式
555校が一堂に会した写真ですが、選手の数がハンパないです。
玉竜旗大会は勝ち抜き方式の団体戦ですので、先鋒の選手が勝って行くと5人を相手することになります。
実際に午前中だけで7人くらいの選手が5人抜きを達成していました。

息子の学校の試合は開会式後の2試合目。
高校総体の悔しさをここで晴らしてくれると思っていましたが、残念な結果となりました。
先鋒負け、次鋒から副将まで引き分け、こちらの大将と相手の副将も引き分けとなりチームは一回戦で負けてしまいました。
息子の先輩や同級生も大会に出ていたので、他校の試合を見ていましたが、やはり全国から参加するだけの強豪校ばかりですので簡単には勝たせてくれません。
来年息子が活躍してくれるのを期待して会場を後にしました。

佐賀県中体連剣道大会

いよいよこの日が来ました。
中体連の県大会です。
中体連県大会

朝の6時30分相知町の天徳の丘運動公園体育館へ出発です。
いつものように息子は緊張した様子もなく、他の部員たちと話をしながら車に乗ってますが、運転するこちらが緊張していつもより慎重な運転をしてました。
会場についたら早速開会式。

開会式

全体の開会式と剣道大会の開会式があっていつもより待ち時間が長いー。
開会式の間に竹刀の検量をしてもらいましたが、3本中1本しか合格しませんでした。
2本は竹の間が開きすぎていて危険だということでした。竹の組替えをしましたが結局不合格!。同じ部員の竹刀を1本借りてやっと2本準備できました。(この辺からいつもと様子が違ってきてました。)
開会式がやっと終わり、地区別に前半後半に分かれ全体練習があり試合開始です。
息子は1回戦の3試合目に登場です。
他の試合場を見渡してみると、どの選手も緊張からか動きがギクシャクしている感じで、なかなか1本が決まりません。

いよいよ息子の試合です。緊張しているのか、会場の雰囲気に呑まれたのかいつもの動きではありません。
残り30秒で相面を取られ、そのまま試合終了。

息子の県大会は1回戦で終わりました。
試合が終わり部員がいる場所に息子が帰ってくると、みんなから声をかけてもらい、2年生まで指導していただき他校に異動された先生からも声をかけてもらいました。

やはり緊張していたのでしょう、帰りの車の中では息子はぐっすり寝ていました。
これからは高校受験に向けて頑張ってもらいたいものです。

今までご指導いただいた先生方、コーチとして相手をしていただいた保護者、剣道部OBの皆さん、声援を送り陰で支えていただいた保護者の方々、大将として支えてくれた剣道部員たちにこの場を借りてお礼申し上げます。
皆様のおかげで息子は剣道を続けることができ、たくさんの友人と出会い、多くのことを学んだと思います。


というわけで、やっと自転車に乗れる日が来ましたー。
とりあえずは、脊振山に上ってみまーす。

競え!進撃の剣人!!

競え!進撃の剣人

7月19日と20日の2日間、地元の中学校で地区中体連剣道大会が開催されました。
ここで勝ち上がると佐賀県大会に出場することができます。
わが地区の県大会出場枠は男子団体が2校、女子団体が4校、男子個人が5人、女子個人が8人でこの中に入らないと県大会に出ることができません。
19日は男子個人と女子団体が行われ、当日の朝顧問の先生に話を聞くと「男子個人は5人の枠がありますが、ベスト4に進む気持ちで戦わないとダメですね。」と言われてました。

いよいよ試合が開始され、息子はシードだったので2回戦からの出場です。
まず第1試合は面の2本勝ち。
続く第2試合は面の1本勝ち、ここでベスト8進出、あと一回勝たないと県大会には行けません。
ベスト4をかけた戦いは、今まで一度も勝ったことがない選手が相手でした。

息子は前日の夜、「ベスト4まで勝ち上がるために3試合の9分間は死ぬ気で頑張る。」と言ってました。
普段は頑張るとか言わない息子がこんな言葉を言ったのでちょっと驚いて聞いていましたが、この地区予選にかける気持ちが出たのではないかと思います。

いよいよ県大会出場を決める試合です。
試合開始から30秒もたたないうちに息子が面を1本取ったので残り時間が長く感じたことはこれが初めてかも、というくらいにこちらが緊張していました。
試合結果は、息子の面1本勝ち。
見事ベスト4に勝ち上がり、県大会出場を決めました。

とりあえずは県大会出場を決めたわけですが、県大会のトーナメント組み合わせは地区大会の成績で決まるんで、ここで上位で終わらないと県大会の1回戦でいきなり強い相手と戦うことになります。
(地区予選を勝ち上がってきた選手ばかりなので強いのは当然ですが・・・。うちの子以外は。)

準決勝の相手は、小学校の少年剣道時代から顔なじみの隣町のH君です。
今までに何回も剣を交えておりお互いに手の内を知っていてライバル意識があるんじゃないかと思います。
やりにくい相手だったのですが、これまた面の一本勝ち。

ここまで来ると欲が出てきて「もしかしてだけど~、ひょっとしたら優勝するんじゃないの~」みたいな、どぶろっくのメロディーが頭の中で駆け巡りましたが、現実は甘くなかった。
3分では勝負がつかず延長戦に入り、相手から引き面をとられ1本負け。
この決勝戦で相手の得意技を決められ2位で終わりました。

この日の夕方、家に帰ってくると「今までの先輩たちがみんな県大会に出場していて、自分達の代で県大会連続出場を途切れさせたくなかった。」と息子が話し、先輩たちから受け継いだ伝統まで考えていたのかと感心しました。

続く2日目の男子団体は、昨日の緊張から解き放たれたのか全く気迫がなく試合内容は全くいいところがありませんでした。

とにかく県大会まで怪我をしないように祈るだけです。
ということで、自転車に乗れるのが1週間延びました。(嬉しいような、悲しいような)

道場少年剣道大会

6月7日
道場少年剣道大会が開催され、息子も個人戦と団体戦に出場しました。
道連大会

結果は個人戦、1回戦負け。
決して勝てない相手ではなかった。(親ばかの目からではなく)
その日最初の試合となるとなぜか調子が出ないんですよねー。
緊張しているわけでもなく、エンジンの掛かりが遅いというか・・・

個人戦がすべて終了した後の団体戦。
わがチームは2回戦敗退。
チームは負けましたけど息子は負けなし。
1回戦は面と逆胴で2本勝ち、2回戦は面で1本勝ちでした。

個人戦で活躍できなかった分、団体戦で取り返したかったと息子が言った様に見事な戦いでした。


ところで5月から6月にかけて天気がいい日は、自転車が多いですね。
脊振山の麓の実家に行くとたくさんの自転車とすれ違います。
息子の夏の中体連が終わるまで自転車封印中。(しかし乗りたい。)
プロフィール
管理人:ラッパ班長

ラッパ班長のプロフィール

現役の消防団員です。
フリーエリア
貧脚野郎と笑ってください!
広滝農協スタンド~田中店
27分30秒
コースはこちら

田中店~脊振山頂
29分19秒
コースはこちら

大峠
18分09秒
コースはこちら
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。